エコリサイクルセンター山口

お問い合わせはコチラ

宇部市の冷蔵庫処分方法7個!無料回収・リサイクル料金サービス紹介

宇部市の冷蔵庫処分方法7個!無料回収・リサイクル料金

家電の中で、一度買ってしまうと、なかなか処分する機会がないのが冷蔵庫です。そのため、急な故障や買い替えの際に、どのように処分をしたらいいか迷う方も多いはずです。

そこで、今回は、冷蔵庫の処分方法について詳しく解説します。

※当社では、冷蔵庫の回収サービスを最安値保証で行っています。自宅の運び出しからすべてお任せください。無料見積もりはこちらのページからお願いします。

冷蔵庫は家電リサイクル法の対象?

2001年に本格施行された「家電リサイクル法」は、冷蔵庫・エアコン・洗濯機・テレビといった一般家庭から排出される家電製品の資源を有効活用するための法律です。

以前は、不要になった冷蔵庫は、粗大ゴミとして捨てるのが一般的でしたが、この法律の施行により粗大ゴミでの処分ができなくなりました。

家電リサイクル法の対象となる冷蔵庫を始めとした家電製品は、国が指定する方法でしか処分ができなくなりました。処分される冷蔵庫には、資源として活用できる部品や素材が含まれており、再利用できるからです。万が一、指定された方法以外で処分すると、違法となり罰則が課せられてしまいます。

冷蔵庫の処分方法7個

1. 購入したお店に処分を頼む

冷蔵庫を購入した店舗が近くにあれば、回収を依頼することができます。始めに、販売店に相談し、リサイクル券を発行してもらいましょう。その後、業者が自宅まで回収に来てくれますが、この運搬費用は自己負担です。

リサイクル料金は、冷蔵庫の容量により決められますが、運搬費用は店舗によって異なるので、事前の確認が必要です。

2. 新品を購入する店舗に回収をお願いする

新しく冷蔵庫を買い替えるタイミングで、古い冷蔵庫を引き取ってもらうこともできます。新しい冷蔵庫を購入する際に、引き取りを依頼をして、リサイクル券を発行してもらいましょう。

その後、新しい冷蔵庫を運び入れる際に、古い冷蔵庫を引き取ってもらえます。この場合も、リサイクル料金とは別に運搬費用がかかるので、事前に運搬費用の確認を行いましょう。

3. 自治体での回収申請

粗大ゴミとしては捨てられない冷蔵庫ですが、自治体に申請することで回収してもらえます。お住いの市区町村の担当部署に問い合わせて、回収の日程や運搬料金をチェックしましょう。回収をお願いする前には、郵便局でリサイクル券を購入する必要があります。

その後、市区町村が指定した回収業者が自宅まで引き取りに来てくれるのでとても便利です。ただし、市区町村へ申請する場合は、回収までに時間がかかるケースが多いので注意しましょう。

4. 指定の場所に持ち込んで処分してもらう

自分で運搬車両が用意できる場合は、直接、指定の引取場所に持ち込むこともできます。この場合は、事前に持ち込む日程をお住いの市区町村に電話で確認しておきましょう。

日程の確認ができたら、郵便局でリサイクル券を購入します。自分で持ち込むため、運搬費用はかかりませんが、冷蔵庫をひとりで運ぶことはできないため、家族や友人などの協力が必要となります。

5. リサイクルショップに売る

型式が比較的新しく、状態の良い冷蔵庫であれば、リサイクルショップに売る方法もあります。業者の中には、無料で査定を行ってくれるところもあるので、まずは買取できるかどうかを確認しましょう。

高値で買い取ってもらうためのポイントは、なるべく汚れを落とし、綺麗な状態にしておくことです。無事に買取できることになれば、自ら持ち込み、又は出張で買取を依頼します。注意点としては、10年以上前の冷蔵庫は買取対象とならないので、状態が良かったとしても別の方法を考える必要があります。

6. 不用品回収業者を活用する

忙しく、直ぐにでも冷蔵庫を処分したい場合は、不用品回収業者を利用することもできます。最速で当日回収もしてもらえるので、緊急の場合は頼りになる存在です。

不用品回収業者であれば、回収にかかる料金のみで、リサイクル料金が発生しない場合がほとんどです。冷蔵庫の状態によっては、買取が可能となり、回収料金と相殺することもできます。注意点として、業者によっては法外な値段を提示してくる悪質なところもあるため、必ず複数の業者から相見積もりを取るようにしましょう。

7. 知人へ譲る

冷蔵庫を必要としている知人や友人がいれば、譲ることも1つの方法です。特に、引越しシーズンとなる春先は、新しい生活に冷蔵庫を必要とする人が増える傾向にあります。ただし、顔見知りだからと言って、古く、状態の悪い冷蔵庫を押し付けては心象が悪いので注意しましょう。

また、あまりにも古い型式の冷蔵庫や故障品は、事故の原因になるので譲るのは控えましょう。状態も良く、十分に使えるものであれば、大変喜ばれると思います。

冷蔵庫の無料回収方法は?

冷蔵庫は、家電リサイクル法の対象製品であるため、量販店等に引き取ってもらう場合はリサイクル料金がかかります。

また、自治体に回収を依頼する場合でも、リサイクル料金がかかるので、無料回収とはなりません。リサイクル料金を払わず、無料回収をしてもらいたい場合は、リサイクルショップや不用品回収業者を利用しましょう。

状態の良い冷蔵庫であれば、買取をしてもらえる可能性もでてきます。また、リサイクルショップに、自分で持ち込めば、運搬料金も浮かせられるため、収入アップにもつながります。

不用品回収業者の場合は、他の不要品と合わせて冷蔵庫も回収してもらうと、トータルの費用としてはお得になります。ここでも冷蔵庫が比較的新しい場合は、買取料金を回収料金と相殺してもらえるため、実質的に無料回収になることもあります。

冷蔵庫の処分費用・リサイクル料金

不要となった冷蔵庫のリサイクル料金は、容量によって異なり、170Lが目安となっています。170L以下にものであれば3,740円、171L以上のものであれば4,730円が基本的な料金です。

先述のように、家電量販店や指定の回収業者を利用する場合は、リサイクル料金に加えて運搬費用がかかります。運搬費用は、業者や回収場所により異なってくるため、明確な金額は言えません。一般的には、2,000〜3,000円程度と見込んでおくとよいでしょう。自ら持ち込む場合は、この費用がかからなくなるのです。

宇部市の冷蔵庫処分方法

宇部市で冷蔵庫の持ち込み処分したい場合は、以下の場所へ自分で運んでください。

◯センコー株式会社山口流通センター
住所:山口市朝田字流通センター601-24
電話番号:083-921-2361

◯岡山県貨物郵送株式会社下関営業所
住所:下関市長府才川1-43-81
電話番号:0832-48-3501

まとめ

今回は、冷蔵庫の処分方法について解説しました。家電リサイクル法の対象となる冷蔵庫は、指定された方法でしか廃棄ができません。また、サイズが大きい家電のため、搬出・搬入する際は人手の確保など十分な準備が必要です。自分で搬入すれば運搬費用を抑えることができますが、安全面で不安が残るため、場合によっては、専門の業者に引取りを依頼するなどの対策をとりましょう。

※当社では、冷蔵庫の回収サービスを最安値保証で行っています。自宅の運び出しからすべてお任せください。無料見積もりはこちらのページからお願いします。


通話料無料!電話ですぐに概算見積もり可能
最安値水準!他社より高い場合はご相談下さい!

0120-538-889 LINE問合せ