エコリサイクルセンター山口

お問い合わせはコチラ

山口市の冷蔵庫処分方法7個!無料回収・リサイクル料金サービス紹介

山口市の冷蔵庫処分方法7個!無料回収・リサイクル料金

冷蔵庫は、一度購入するとなかなか処分の機会が訪れません。そのため、処分をしようとするときに、どのようにしたら良いか迷ってしまうものです。

そこで、今回の記事では、冷蔵庫の処分方法について紹介してきます。

※エコリサイクルセンターでは、冷蔵庫の回収・買取サービスをお得な料金で行っています。こちらのページからお気軽にご相談ください。

冷蔵庫は家電リサイクル法の対象?

2001年に施行された「家電リサイクル法」は、一般家庭からの冷蔵庫・エアコン・洗濯機・テレビを対象とする資源の有効活用を推進するための法律です。

従来は、粗大ゴミとして不要になった冷蔵庫を処分する方法が一般的でしたが、この法律の施行により粗大ゴミでの処分ができなくなりました。

家電リサイクル法の対象となった冷蔵庫をはじめとした大型の家電製品は、国が指定する方法で適切に処分する必要があります。対象の冷蔵庫は、活用できる部品や素材が抜き取られ、資源として再利用されます。万が一、不適切な処分を行うと、違法となりペナルティが課せられるので注意が必要です。

冷蔵庫の処分方法7個

1. 購入したお店に回収依頼

冷蔵庫を買った家電量販店等が近隣にある場合は、回収をお店に依頼する手段があります。
まずは、販売店に相談し、リサイクル券を発行してもらいましょう。その後、専門の業者が自宅まで回収に来てくれますが、運搬費用は自己負担となります。
リサイクル料金は、冷蔵庫の容量によって決まっていますが、運搬費用は販売店によって異なるので、事前の確認が必要です。

2. 新品を購入する店舗で処分を依頼

新しい冷蔵庫に買い替えるタイミングで、古い冷蔵庫を引き取ってもらうのも一つの手段です。新しい冷蔵庫を購入した際に、古い冷蔵庫の引取りを依頼して、リサイクル券を発行してもらいましょう。

その後、新たな冷蔵庫の搬入の際に、古い冷蔵庫と入れ替えてもらいます。この場合も、リサイクル料金とは別に、収集運搬費用がかかるので、事前に正確な料金を確かめるようにしましょう。

3. 自治体で処分してもらう

粗大ゴミとしては捨てられない冷蔵庫ですが、自治体に申請すれば回収してもらえます。お住まいの自治体の担当課に問い合わせして、回収の日程や運搬料金をチェックしましょう。回収を申請する前に、郵便局でリサイクル券を購入する必要があります。

その後、自治体が指定する回収業者が自宅まで冷蔵庫を引き取りに来てくれるので、とても便利です。ただし、自治体に申請する場合は、回収までに時間がかかる場合が多いので、早め早めに準備をしましょう。

4. 指定取引場所に持ち込む

自身で運搬車両が準備できる場合は、直接、指定の引取所に持ち込む手段もあります。この場合は、事前に持ち込む日程を必ず電話で確認しておくようにしましょう。

日程の確認ができたら、郵便局でリサイクル券を購入しましょう。自ら持ち込むため、運搬費用はかかりませんが、大型の冷蔵庫は一人では運べないため、家族や友人などの人手が必要となります。

5. リサイクルショップで買取依頼

冷蔵庫が、比較的新しく、状態の良いのであれば、リサイクルショップに売るのも一つの手段です。業者の中には、無料で査定を行ってくれるところもあるので、まずは買取可能かどうかを確認しましょう。

高値で買い取ってもらうポイントとしては、事前にヨゴレを落として、綺麗な状態にしておくことです。無事に買取りができるとなれば、自ら持ち込む、もしくは出張での買取りをお願いしましょう。注意点として、10年以上前の冷蔵庫は買取り対象とならない可能性が高いので、その場合は別の方法を考えた方が無難です。

6. 不用品回収業者に依頼

急ぎで冷蔵庫を処分するような事情があれば、不用品回収業者の利用することも考えましょう。早ければ、当日中に回収してもらえるので、緊急の場合はとても重宝します。

不用品回収業者であれば、回収にかかる費用のみで、リサイクル料金は発生しない場合がほとんどです。冷蔵庫の状態が良ければ、買い取ってもらえる可能性もあり、回収料金と相殺することもできます。注意点としては、業者によって法外な値段を提示してくるものもいるため、必ず複数の業者で相見積もりを取るようにしましょう。

7. 知人に譲渡する

引越しなどで、冷蔵庫を必要としている知人や友人がいれば、譲ってあげるのも一つの手です。特に、春先の引越しシーズンは、冷蔵庫を必要とする人が増えるのでチャンスです。ただし、冷蔵庫が古く、状態が悪ければ、かえって失礼にあたるので、その辺りの見極めには注意が必要です。

また、あまりにも古い冷蔵庫や故障品は、事故の元になるので、要らないからといってむやみに譲ってはいけません。逆に、状態が良く、十分に使える状態のものであれば、喜ばれること必至でしょう。

冷蔵庫の無料回収方法はある?

冷蔵庫は、家電リサイクル法の対象のため、家電量販店等で引き取ってもらう場合もリサイクル料金が必要です。

また、自治体に回収を依頼する場合も、リサイクル料金がかかるので、無料にはなりません。無料回収、もしくはリサイクル料金を支払わない手段となれば、リサイクルショップや不用品回収業者を頼ることになります。

先述のように状態がいい冷蔵庫であれば、買い取ってもらえる可能性もあるでしょう。お店に自分で持ち込めば、運搬料金もかからないので、臨時収入にもつながります。

不用品回収業者の場合、他の不用品と合わせて冷蔵庫を処分できるとお得になります。また、冷蔵庫が比較的新しい場合は、買取料金と回収料金を相殺してもらえるため、実質無料になる可能性があります。

冷蔵庫の処分費用・リサイクル料金

リサイクル料金は、冷蔵庫の容量によって決まり、170Lが基準となっています。170L以下の冷蔵庫の場合は3,740円、171L以上の場合は4,730円が基本的な料金です。

家電量販店や指定の回収業者を利用する場合は、リサイクル料金のほか、収集運搬料も発生します。収集運搬料金は、業者や回収場所によって異なるため一律にいくらとは言えません。ただ、相場として、2,000〜3,000円程度を見込んでおくと良いでしょう。自ら持ち込む場合は、この収集運搬料が発生しないということです。

山口市の冷蔵庫処分方法

山口市で指定取引場所に自分で持ち込む場合は以下の場所になります。
※事前に家電リサイクル券(粗大ごみ処理券の代用不可)の購入が必要。

◯梁川鋼材(ヤナガワコウザイ)株式会社
山口県防府市高倉2-6-5 
電話:0835-23-7763

◯センコー株式会社広島支店山口流通センター
山口県山口市朝田 流通センター601-24 
電話:083-921-2361

まとめ

今回は、冷蔵庫の処分方法について詳しく紹介しました。繰り返しになりますが、冷蔵庫は、家電リサイクル法の対象であるため、適切な処分が求められます。また、サイズの大きな家電であるため、搬出・搬入する際は十分な注意が必要です。自ら搬入すれば、運搬料金がかからず安く処分はできますが、あまり無理をせず、人手を多く借りるなど、安全な方法で処分するようにしましょう。

※エコリサイクルセンターでは、冷蔵庫の回収・買取サービスをお得な料金で行っています。こちらのページからお気軽にご相談ください。


通話料無料!電話ですぐに概算見積もり可能
最安値水準!他社より高い場合はご相談下さい!

0120-538-889 LINE問合せ